‘2014/10’ カテゴリーのアーカイブ

賢い人は冬から準備

2014/10/01

近年、男女問わず注目度が高まっている脱毛ですが、その中でもフラッシュ脱毛は肌に優しいことで高い人気を得ている方式です。

 
メラニン色素に反応する光を照射することで高い脱毛効果が得られるフラッシュ脱毛は、主にエステサロンで受けられることで知られていますが、実はそれだけでなく家庭用機器も販売されており、自宅で行うことも可能となっています。

gf1120107989w
もちろん自宅でフラッシュ脱毛器を使用して脱毛を行う場合には、肌状態の判断や毛周期の見極めなど、正しい知識のもとで行うことが重要ですが、それとは別に基本的な事柄として知っておきたいのが、開始する時期です。

 
フラッシュ脱毛器を使用した脱毛に限らず、脱毛というものは繰り返し行わなければ完全な効果を得ることができませんが、繰り返しといっても短いスパンで行えるものではなく、毛周期の問題で一般的に2ヶ月程度は間隔を空けることが必要となります。

 
この為、夏が近い時期になって慌てて薄着の準備の為にフラッシュ脱毛を開始しても、十分な効果を得ることはできません。
夏に間に合わせる為には、冬の間から準備を始めることが必要なので、フラッシュ脱毛器でのムダ毛処理を検討する際には念頭に置いておきましょう。

夏は日焼けが大敵!避ける方が無難

2014/10/01

gf1120107985w

 

夏になると肌の露出が増えた服をきることが多くなるため、誰もが紫外線を浴びてしまいます。しかし紫外線を浴びることで肌のメラニン生成を促してしまい、しみを作る原因となってしまいます。また活性酸素を増やし肌のトラブルを引き起こす原因ともなります。そのため女性では特に紫外線を浴びないようにすることが重要です。紫外線を浴びないようにするためには日焼け止めクリームをぬったり長袖を直接着用して紫外線を浴びないようにすることが基本的な対策となります。そうすることで紫外線をシャットダウンし肌が日に焼けることを防ぐことができます。肌を美白にしたいと思ったとき、一番最初に取り組まなくてはいけないことが紫外線対策です。紫外線を浴びると肌のトラブルを招くだけではなく肌の老化を早めてしまいます。小じわなども増えてしまい、見た目年齢があがり、老けた印象を与えてしまいます。

 
女性は誰もがいつまでも美しくいたいと思っています。そのためには数々の努力が必要です。その中でも代表とされる紫外線対策は夏だけではなく、年中を通して対策をすることが重要です。日頃紫外線対策をすることで年をとってもいつまでも綺麗な肌でいることができます。

フラッシュ脱毛器を利用する時期

2014/10/01

脱毛を意識し始める時期といえば、夏場の肌を露出する季節ですよね。gf0640255792l

 
個人で出来る脱毛といえば「抜く」か「剃る」かですが、どちらも手間がかかる上に、仕上がりはそれに見合わず、赤くなったり、毛が埋もれてしまったり、抜き(剃り)忘れがあったりします。

 
その手間を省いたり、仕上がりをツルスベのパーフェクト肌にしてくれるのがフラッシュ脱毛器です。
しかし、夏になってから「脱毛をしよう!ツルスベ肌を手に入れよう!」とサロンに飛び込んでも、残念ながらシーズン中に脱毛は完了しません。
では、いつから始めたらいいのでしょうか?

 
個人差はありますが、だいたい1年前からです。

 
来シーズンのために今シーズンから始める、と考えれば良いです。
2ヶ月に一度の施術になるので、サロンのコースも脇だと6回からの設定が多いです。
昔は、施術を受けてから次の施術を受けるまでの間は剃ったり抜いたりが出来ずに、伸ばしたままでいなければならなかったため、その状態を見せることが嫌だと肌の露出が少なくなる秋頃から始めることが主流でしたが、今は技術も進歩し、毛が伸びた状態でなくても施術が可能になったため、季節を選ばずに始めることが出来るようになりました。

 
来年の今、キレイな肌でいるためにぜひ今から始めたいですね。

部品交換の際にかかる費用

2014/10/01

女子力が高い=ムダ毛処理をちゃんとしている、と言われるほど、女性らしさにムダ毛処理は必須ですよね。最近は脱毛サロンも各地に増えました。セルフケアもカミソリから脱毛剤、機械を使う方法などたくさんあります。
その中でも特にフラッシュ脱毛器など機械を使おうと思っているかた、部品交換の費用はしっかり考えていますか?

 

gf0640255783l

長く使う事を思えば一見安いように見えるフラッシュ脱毛器ですが、やはり長く使うためには部品を交換しなければいけません。フラッシュライトを使用するライト系美容機器が安全な運用を行うために必要な消耗品「光源ランプ」が代表される交換部品の一つです。
部品を交換する際には、インターネットや実際に店舗を訪れるなどを活用して品質の確かなものを適正な価格で手に入れる必要があります。
ただ安いからといって安易に購入すると、余計な出費を招いたり肌トラブルを引き起こすなど、美容にもお財布にも健康にも悪い事態を引き起こしかねません。商品を選ぶときには、アフターサービスや保険と、使用可能年月と価格をしっかり見極める必要があります。
脱毛器を買うときには、自分の肌と健康をしっかり考えて、つるつるのたまご肌を手に入れましょう!

レーザー脱毛器との違い

2014/10/01

夏になると気になってくるのが脱毛ですよね。

gf0640065860l
いろいろな方法があって悩みがちですが、洋服やコスメなど、他にお金がたくさんかかってしまうのが女の人というものですよね。
やはり、お手軽に綺麗に経済的に脱毛をしたいところです。
昔から人気が高く、効果に定評があるのがレーザー脱毛です。
肌に負担が少なく、綺麗に脱毛ができ、一度脱毛するとなかなか生えてこないため、女性に大人気の脱毛方法です。
ですが、サロンでの脱毛がメインとなってくるため、費用がかなりかかってしまい、踏み出すことができない女性が多いようです。

 
そこで最近大きな話題になっているのがフラッシュ脱毛器です。

 
自宅で簡単に、綺麗に脱毛でき、毛が伸びる頻度もかなり遅くなるため、数ヶ月に一度ケアするだけ、といったようになります。
なにより魅力的なのはその費用です。
数十万かかるサロンでの脱毛に比べて、フラッシュ脱毛は機体代だけなので数万円で済みます。
かかる費用が大きく違いがあるので、大人気のようです。
しかもサロンでの脱毛に負けず劣らず仕上がりがきれいで、自宅で自分なりにできるので脱毛が楽しくなります。
美顔器効果のあるものもあるので、美容についてトータルでケアすることもできますよ。

フラッシュ脱毛器にかかる費用

2014/10/01

脱毛は自宅で行う方も多いですが、最近は家庭用脱毛器も良いものが出ており、自宅でも高品質な脱毛が行えるようになりました。

 

 

家庭用脱毛器は様々なタイプがありますが、その中でも特に人気が高いのがフラッシュ脱毛器です。
これはエステサロンのようなフラッシュ脱毛が行える機器で、自宅で利用できる機器はかなりコンパクトなサイズですので、持ち運びにも便利です。

 

 

サロンと同じ効果とまではいかなくても家庭でも肌に優しく品質の良い脱毛が行えますし、プロの施術を受けることを考えるとかなり安く費用を抑えることもできます。

 

 

さらにサロンに予約したり、通ったりする必要はなく、いつでも好きな時間に脱毛が楽しめます。
そして、こうした機器は人気が高いこともあり、多くの種類があります。

 

 

費用はどのぐらい必要なのかということとなりますが、機器によってもかなり値段には差があり、2万円前後で購入できるものもあれば、7万円程度のものなど幅広くあります。

 

 

選ぶ際はそれぞれの効果は機能はよく確かめておきましょう。

 

 

 

 

そして、購入後の維持費はカートリッジの交換費用が必要です。

 

 

機種によってもカートリッジの価格は違いますが、多くの場合は1個あたり数千円程度で購入することができます。

 

妊娠中は医師に要相談

2014/10/01

フラッシュ脱毛を取り扱うエステサロンのほとんどでは妊娠中の方の脱毛をお断りしているケースがほとんどです。
その理由として、妊娠するとホルモンバランスが崩れる為、安定していた毛周期も乱れやすく、成長期に合わせた施術を出来ない場合があり、脱毛効果が期待できない事が挙げられます。この他にも妊婦さんの肌は敏感になりやすく、今まで肌トラブルを起こした事がない人でも肌トラブルを起こしかねない事、施術中の長時間の体位が妊婦さんの負担になる事や急な体調不良を考慮して遠慮してもらう所がほとんどです。

 

student02_l
フラッシュ脱毛での光自体が母体や胎児に影響を及ぼす訳ではないのですが、安全であるという確証も今の所ありません。出来る限り妊娠期間中や産後の授乳中は控えるようにした方が通う手間などを考えると母体に負担が少ない事は確かです。しかし、妊婦さんでムダ毛が気になる人はマタニティエステなど脱毛機を用いないシェービングなどで対応してくれるエステサロンもあるので医師と相談してみるのも良いでしょう。
もし、脱毛契約をする際に近い将来妊娠の予定がある人は中断する時期が出てくるのでその間のサロンは休止制度を取ってくれるかなど対応を調べておくと良いでしょう。

 

予防接種をしたら利用を控える

2014/10/01

フラッシュ脱毛などをおこなうときに、予防接種をしたら脱毛を控えるようにしなければなりません。student01_l

 

インフルエンザや子宮頸がん・MRワクチンのワクチンを接種した場合や、ほかのワクチンを接種した場合なども脱毛を避ける必要があります。脱毛の予約をしている場合は必ず予約を変更してください。おおよそ14日ほど間隔が空いていれば脱毛することができます。

 

ワクチンを接種している場合は、無毒の病原菌を体の中にいれて抗体をつけているので、反応をおこしてしまい副作用を起こす可能性があるからです。お薬を服用した場合に施術を受けるとお薬の成分によって肌が敏感になっていることがあり、脱毛をおこなうときの特殊な光に反応してしまって、肌が赤くただれることがあるので注意が必要になります。日焼けをしたあとの脱毛も避けた方が良いです。

 

レーザー脱毛はメラニンに反応して毛根部分の組織を壊すのですが、日焼けをしてしまうと肌の表面にメラニン色素が多く存在するようになり過剰に反応してしまうことがあり、痛みや腫れを引き起こすことがあります。生理期間中も避けた方が良く、ホルモンの関係で肌が敏感になっていることがあるからです。このように脱毛を控えた方が良い場合があるので、注意しておく必要があります。

最近の投稿