‘2015/09’ カテゴリーのアーカイブ

日本人男性が引いていまうのは頑張りすぎな凝ったデザイン

2015/09/27

最近は、エステサロンでの脱毛価格が軒並み安くなってきているので、何かと問題の多い自己処理をやめて、美容脱毛を試し始めている女性も増えているようです。エステサロンでのお手入れならば、ムダ毛も目立たなくなるし、何より美肌効果も同時に期待できるので、美意識の高い女性には特に支持されているようです。また脱毛処理を行う部位も以前よりは増えているようで、ワキや腕、足など以外にもデリケートゾーンやうなじ、背中なども希望する女性が急増しているようです。アンダーヘア脱毛は、女性にとっては切り離して考えることのできない、毎月の生理時の不快感をかなり和らげてくれるので、お手入れを希望する方も多いようですが、この部位はパートナーがいる女性に取っては、デザインはパートナーの希望も取り入れたほうが良い場合が多く、諸外国と違って日本人男性では、あまりにも完璧に処理しすぎると引くことも多いようなので注意が必要です。自分が普段履いているショーツなどに合わせてかなり細いラインにしたり、ハート型などのようにヘアを残したりすることは、良しとする男性もいますが、中には眉をひそめる方もいるようなので、せっかくの美容ケアが台無しになってしまわないためにも、事前に少し意見を聞いて見るのも良いでしょう。

自然なだまご型

2015/09/27

アンダーヘアは自己処理が難しい部位のひとつでもあります。そのため、脱毛サロンや医療脱毛の施術を受けることをおすすめします。アンダーヘアには、トライアングル上下やIライン、Oラインなどがあります。トライアングルは、自分の好きな形に整えることができます。脱毛サロンなどではサンプルのデザインを置いてあるところもあります。細長いI型や、ハート形、全部の毛をなくすなど、種類はさまざまです。カウンセリングの際に、自分の希望の形を伝え、施術を行なっていきます。自然なたまご型は、男性からも人気の高い形となっています。アンダーヘアをケアすることで、小さな下着を着られるようになったり、水着の際にムダ毛がはみでるのを回避することができます。その他、排泄物がムダ毛につかないため、清潔でいることも可能です。また、生理の際などのムレも解消することができます。アンダーヘアは、他の部位の毛と比べると濃く、太い場合が一般的ですので、脱毛サロンなどで施術を行なう際には回数がかかる場合があります。自己処理はお肌をいためてしまう可能性も高まりますので、サロンでの施術を体験してみてはいかがでしょうか。回数を重ねる度に毛は薄く、細くなり、しだいに自己処理のいらない状態になることができます。

全部処理

2015/09/27

大人の女性のほとんどはアンダーヘアが生えていますが、生え方によっては見た目の美しさを損なうというデメリットや、衛生面での懸念が付きまとうため、思い切って全部処理したほうが男性ウケが良い場合もあるのです。
欧米では女性がアンダーヘアのお手入れをすることは一般的であり、近頃は徐々に日本でもエチケットとして定着しつつあります。Vラインのムダ毛の長さを整えたり、下着からはみ出さないようにする人はちらほら見かけますが、パートナーと性交渉をする時にムダ毛が多いと幻滅されてしまうこともあるため、思い切ってVライン・Oライン・Iラインの全てのムダ毛を無くしてしまうのがおすすめです。
エステサロンや脱毛クリニックなどではデリケートゾーンのムダ毛をまとめて処理するコースも設けられているため、思い切って全部を無くしてしまえば快適に過ごすことが可能です。
トイレでの拭き残しの心配や、生理のときのムレ、汚れなどを防ぎやすく、洗いやすいので衛生面でのメリットを享受する事が出来るでしょう。細かいところまでお手入れをしているという女性らしさを感じさせることも出来るため、大人の女性の新たなたしなみとしてデリケートゾーンのお手入れをしてみるのがおすすめです。

小さめの逆三角形

2015/09/27

なかなかアンダーヘアの話題をすることはできませんが、
パートナーの男性が気になっている部位でもあります。

欧米の男性は、アンダーヘアがない状態を好むというデーターもありますが、
日本人男性の場合は、毛が1本もない状態では、風俗のようで嫌という考えもあります。
かといって、まったくお手入れしていない状態も幻滅してしまう人もいるようです。

日本人男性がパートナーに望むアンダーヘアのデザインは、
少し小さめの逆三角形が人気です。
大きすぎてしまうと、下着からはみ出してしまったり、お手入れしていない印象を与えてしまいます。
下着にきれいにおさまる範囲の、小さめのサイズが人気です。
中には、ハート型や四角などの形に処理する人もいるようですが、
元々生えている形ではないので、不自然に思ってしまう人もいるようです。
処理する場合は、このことをよく考えた上でデザインを決めるといいでしょう。

自分で処理しようとすると、左右のバランスが崩れてしまうこともあります。
サロンで脱毛してもらうのが安心ですが、自分で行うときは、
デザインのテンプレートがあると、きれいに行うことができます。
時間のあるときに、鏡を見て、バランスを取りながら行う必要があります。

 

日本人男性がパートナーに望むアンダーヘアのデザイン

2015/09/27

ワキや脚などのムダ毛に関しては処理を熱心に行うことの多い日本人女性でも、アンダーヘアに関しては手を付けないという人は多いのですが、実は欧米ではそこまできれいに処理をするという人が少なくありません。脱毛によって全くの無毛にしたり、ファッショナブルなデザインにしたりするのです。実はそのような文化が浸透していない日本の男性にも、女性のアンダーヘアに対してはもっと気を使ってほしいと考えている人が大勢います。水着や下着からはみ出ているのが嫌だというのは当然として、親密な関係にある女性が自分の前で裸になった際に、無造作すぎると気になるのです。では日本人男性がパートナーに望むアンダーヘアのデザインにはどのようなものがあるのでしょうか。特に人気が高いものとしては、少し小さめの逆三角形がまず挙げられます。日本人男性は海外で人気のある蝶の形のような凝りすぎたものには抵抗感を持つ人が多いのですが、この形なら不自然なまでに手を入れているようには見えませんし、また女性らしさを感じられるという意見が多いのです。またタマゴ型にも人気があります。これも不自然さが感じられないですし、逆三角形よりもきちんとお手入れしているような感じが出るためです。さらに性器の周囲だけ縦に細く残したデザインにも人気があります。

顔の産毛やヒゲ

2015/09/27

顔の産毛のほかにも男性の場合はヒゲが気になることがあります。
最近は、脱毛サロンなどでも男性専用のお店などもできており、特にヒゲなどを脱毛して薄くしたい、目立たないようにしたい、という人が増えてきているといいます。
産毛を脱毛すると、肌の色が明るくなって、女性ならファンデーションがワントーン明るいものを使えるようになるという場合もあります。
男性の場合はヒゲを脱毛することで、濃い人の場合は気がついたら剃る、という行為をあまり気にせずにいることができるようになりますし、清潔感を感じることができる印象に近づくことができるということで人気があるということです。
脱毛はレーザー脱毛を行う人が最近は多く、産毛などもきれいに処理することができるのが人気です。
レーザー脱毛の施術を受けるときには、事前にカウンセリングを受けるのですが、日焼けをしないように気をつけておくことが大切です。日焼けをしていると、レーザーは日焼けした肌に反応してしまい、きれいの処理することができなくなる可能性もあります。なので、レーザーでムダ毛を処理したいというときには、日焼けをできるだけしないように肌ケアをしっかりとすることが大切なのです。

バストのムダ毛はありえない

2015/09/27

女性にとってムダ毛の悩みは大きな悩みのひとつになっていますよね。手や足などのムダ毛の処理は欠かさずに処理しているから大丈夫!と自信満々な女性もいると思いますが、実は男性がドン引きしてしまう部位には、女性たちが気にしていない部位だったりするのです。特に男性がドン引きしてしまうのが、バストのムダ毛だといわれていて、自分では気づいていないことが多いのですが、実は目立つ産毛が生えていることがあるのです。カミソリや毛抜きなどで処理をしてしまうと、敏感な場所ですから、肌を傷つけてしまったり、肌荒れが起きてしまうこともあります。ムダ毛を処理するには、エステサロンなどで脱毛をするといいでしょう。脱毛は肌に負担をかけずに処理ができるため、敏感な部位でも肌荒れなどが起きる心配がありません。毛穴を小さくする効果もあるので、肌がきれいになり、肌が明るくなることもあります。一カ所ずつの脱毛もできますが、男性が気にしやすい背中やアンダーヘアなどのムダ毛も一緒に処理できるので、全身脱毛をしてしまうといいですね。一カ所ずつ処理をするよりも時間や費用を節約できます。男性に指摘されて恥ずかしい思いをする前に、脱毛してきれいな肌を手に入れましょう。

脇は最低限のマナー

2015/09/27

近年では、エステサロンやクリニックで全身脱毛を受け、ムダ毛の心配の一切無い体を手に入れる人も増えています。
全身隅々まで綺麗にしておけば、普段のおしゃれや身だしなみはもちろん、夏の水着や旅行で温泉に入るときなどでも安心ですが、時間やお金の都合などにより、全身脱毛は難しいという人も少なくありません。
しかし、自己処理は肌に大きな悪影響のあるものなので、重要な箇所だけは正しくエステやクリニックの脱毛で処理しておくことが大切です。
そんな中、女性にとって最低限のマナーともいえるのが、脇のムダ毛処理です。
この部分は、水着やノースリーブだけでなく、半袖でも見えることが少なくありませんが、少しでもムダ毛が残っていると、男性から良くないイメージを持たれてしまいかねません。
また、目立つと同時に肌の弱い部分でもあるので、カミソリで処理してしまうと黒ずみが発生しやすいですし、毛抜きで抜くとすぐにブツブツになってしまいます。
この部分の脱毛は女性からのニーズが非常に高い為、安価なキャンペーン価格で受けられるエステサロンやクリニックも数多くあります。
全身脱毛が難しい場合でも、最低限のマナーとしての身だしなみは行っておきましょう。

男性がドン引きする女性のムダ毛の部位

2015/09/27

多くの女性たちにとって、ムダ毛のお手入れは終わりが見えないとても面倒なものです。とは言っても全く何もせず伸び放題にしておくというのは、現代の日本の文化の下では難しいのが現実です。特に男性は女性の見た目に関しては厳しい目を向けており、たとえどんなにきれいな女性であっても、ムダ毛が目立つと引くという人が少なくないのです。では引いてしまうムダ毛の部位とはどこなのでしょうか。まず挙げられるのが、サロンなどでの脱毛の定番となっているワキのムダ毛です。夏場などにノースリーブの服を着る時にはよく気を付けるでしょうが、半袖の服でも腕を上げた際に意外と目につくものです。また親密な相手がいてその前で服を脱ぐ機会がある人なら、その人の気持ちを萎えさせないためにも、一年中気を付けておきたい部位と言えます。また口の周りを中心とした顔も、ムダ毛が目立つと引かれてしまいます。顔は一年を通して他人の目に触れる部位で、ヒゲなどが目立つと女性的な魅力を大きく損ねてしまう恐れがあります。これらの他にも短いスカートなどを穿くと目立つ脚のムダ毛や、自分では目につかないために手つかずになりやすい背中の毛、ものを受け渡しする際に目立つ手の甲や指の毛などにも引くという人が多いです。

人の目線が気になる!男女でのムダ毛への意識の違い

2015/09/27

肌を出す季節になると、何よりも気になるのがムダ毛の処理ですね。自分では念入りにお手入れをしても、いざスカートをはいたりノースリーブを着ると、足りない所がないかとっても気になります。そんな難しい無駄毛の処理ですが、自分ではきちんとお手入れしたつもりでも、男性から見るとが目立っていたり、逆に自分では念入りにケアをしたのに男性が全然気にしていない部位があったりと、男女で意識が違う事をご存知でしたか?
勿論、ワキやスネなどは男性も女性も気にする目立つ部位です。女性の皆さんもしっかりお手入れされていると思います。でじゃ、なかなか女性が気づかない男性目線で気にしなければならないゾーンとはどこなのでしょう。
まず一番に気にされるのが、首の後から背中にかけてのゾーンです。自分では見えませんが、隣を歩く男性にはかなりの頻度で目に入る場所です。また、鏡で見えにくい場所ですが意外と毛が濃く生えているのも事実。次に指毛です。どんなにネイルをしっかりしていても、指毛があったらアウトです。特に真っ白な手に男性は女性らしさを感じるので、忘れずにしっかりケアしましょう。最後は、眉間や口元など、顔周りの産毛です。特にディナーの席でのダウンライトなどに、意外とこの産毛が照らされいるのをご存知だったでしょうか?
デートや勝負日の前日は、このポイントに気を付けていつもよりも念入りにケアをしてみるのはいかがでしょうか。
ビューティー06 ビューティー07

最近の投稿