‘2015/10’ カテゴリーのアーカイブ

オススメの脱毛方法

2015/10/28

肌を露出する機会が増える季節になると、やっかいなムダ毛を自分で処理してしまう方も少なくないと思います。自己処理は自宅で好きな時に自分で行える点や、カミソリやワックスは比較的安価に手に入れやすい等の利点もあります。しかし、いくら自己処理を行っても数日後にはムダ毛が再び生えてきて元通りになってしまいますし、処理時の肌ダメージが積み重なるとお肌の健康にとってもよくありません。自己処理は、翌日までにどうしてもムダ毛を無くしたいなどの緊急時以外はなるべく行わない方が賢明です。
脱毛技術が確立されてきた現在は、クリニックやサロンでプロの施術を受けるのが最もオススメの脱毛方法といえます。プロの施術では、毛根部にあるムダ毛を再生させる組織に効果的にダメージを与えていくことができるので、施術を受ければ受けるほどムダ毛の目立たないきれいな美肌になっていきます。また、毛周期という毛の生え変わるサイクルに合わせてレーザーや光を照射していくため、通うのは1,2ヶ月に1回程度で済みます。短期間に何度も通う必要がないので、時間的制約によるストレスもなく、少ない回数で効率的にムダ毛の無いツルスベなお肌を手に入れることができます。

カミソリ・電気シェーバーのメリットとデメリット

2015/10/28

無駄毛の処理方法には、色々な種類があります。
自宅で処理できる方法としては、カミソリや電気シェーバーを使う方法が一般的です。

これらのアイテムを使った自己処理には、メリットもあればデメリットもあります。
ですので両方を見極めて、自己処理する必要があると言えるでしょう。

まず、メリットは手軽という点です。
価格も比較的リーズナブルで、手に取りやすいアイテムとなっています。
またドラッグストアなど身近なお店にも置いてあるケースが多い為、購入しやすいでしょう。

また、痛みは無いという点も、扱いやすさで人気となっています。
毛抜きを使った自己処理は、無駄毛を抜く際に強い痛みを感じます。
電気シェーバーなどでの自己処理は、無駄毛を抜くのではなく剃るのみです。
ですので、痛みを感じる事はなく安心して使えるアイテムと言えます。

そして、無駄毛が気になった時に、サッと処理できる点も魅力です。

このようなメリットがある一方、やはりデメリットは存在します。
まず、皮膚の表面に出ている無駄毛を剃るだけなので、すぐに無駄毛が伸びてきてしまいます。
いつも無駄毛が目立たない状態にするには、頻繁に自己処理しなければいけません。
自己処理の回数が多くなれば、その分肌も傷めやすくなる為、その点はデメリットと言えるでしょう。

除毛クリームのメリットとデメリット

2015/10/28

ムダ毛処理の方法はさまざまあります。自宅でできる処理方法は、お手軽で低価格でできるところが魅力です。カミソリや毛抜きなどの方法は、一番簡単ですが、毛が皮膚に埋まる埋没毛や、肌が黒ずんでくる色素沈着などのトラブルが起こりやすいです。すぐ毛が生えてきてしまうため、処理回数が多く、肌荒れを起こしやすい点も難点です。

自己処理の方法に除毛クリームがあります。除毛とは、生えている毛を溶かして除去する方法です。毛を溶かす薬剤の入ったクリームやローションを塗り、一定期間置いたあと拭き取る、または洗い流す方法で完了します。ツンとした薬剤の臭いがデメリットのひとつでしたが、最近は技術の進歩で臭いのきつくない商品が数多く販売されています。また、塗ってからの待機時間も数分と短く、一昔前よりも進化し続けています。使用後に肌がつるつるになるような美容成分が配合されたものや、抑毛成分の入った商品もあり、使用すればするほど、毛が生えない期間が長くなり、毛が薄くなっていく効果が得られるものもあり、メリットが多いです。しかしながら、背中などの自分の手が届かない部分は除毛しにくい、という点がデメリットといえます。また、敏感肌用の商品もありますが、腫れやかぶれなどが起こらないかどうか、使用する前にパッチテストを行うのがおすすめです。

毛抜のメリットとデメリット

2015/10/28

ムダ毛を自分で処理するとき毛抜きを使う人が多いですが、これはメリットがある反面デメリットもありますので、それらをきちんと把握してから使用することが大切です。
まずメリットとして挙げられるのは安く購入できる点と、いつでも気軽に毛を抜ける点です。
目立っている毛をすぐに処理したいというときや、時間が空いたので処理に充てたいというときなどに大変便利です。
また、毛根から毛が抜けることになりますので、カミソリに比べると抜いたあとから生えてくるまでの時間が長くなり、その間は毛のない状態でいられます。

しかし、これらに対しデメリットとして、痛みを伴う点や肌荒れが起こりやすい点などが挙げられます。
無理な力で抜きますから、どうしてもその分の力が必要になり激痛が起こりますし、皮膚が弱い場合はその刺激で出血する可能性もあります。
そして毛根から抜くせいで、その周辺の組織まで一緒に剥がれ落ちることとなり、ダメージが多くかかった肌は荒れやすくなるのです。
さらに毛穴が開いたままのためボツボツが目立ちやすくなり、体質によっては埋没毛が発生することになります。
最悪なケースでは、毛を抜いたときに負担がかかった影響で、色素沈着として残る可能性もありますので、使用する際はこういった点を十分に把握したうえで自己責任で使うようにしたいです。

ムダ毛自己処理方法と危険性

2015/10/28

ワキや腕、脚などのムダ毛を自分で処理されている方はたくさんいらっしゃいますが、長年カミソリや毛抜きなどを使って自己処理を続けていると、肌にダメージを与え色素沈着による黒ずみができたり、毛穴が開いてポツポツの状態になってしまいます。カミソリで剃ることで皮膚に細かい傷をつけてしまい、そこから細菌が入り炎症が起こる危険性もあります。
また、自己処理をした後は乾燥や肌荒れを引き起こしがちです。カミソリを使った場合、皮膚の表面も一緒に削り落すので肌が乾燥してカサカサになります。刺激が強いので、色素沈着を起こし肌が黒ずんでしまう可能性もあります。
毛抜きや脱毛ワックス、脱毛テープなどを使った場合は、毛根から毛を引き抜いたときに細菌が入りこみ化膿してして毛膿炎になったり、埋没毛になる危険性があります。
脱毛クリームなど薬剤を使った脱毛も刺激が強いので、敏感肌の方や体調の悪い時などには皮膚も余計敏感になるため、肌がかぶれて赤くなったりして肌トラブルの原因になります。
長年にわたり自己処理を長く続けてると、このようなトラブルが蓄積されてしまうので、脱毛ができたとしても炎症を起こしたり黒ずんでしまったりと肌は深刻なダメージを受けてしまうのです。

ワックス脱毛とは

2015/10/28

脱毛には様々な種類が存在しています。
その中でも特に人気のある脱毛方法は肌を傷つけずに脱毛をおこなえるワックス脱毛と呼ばれる方法です。
ワックスを利用した脱毛方法では脱毛用のワックスを脱毛したい箇所に塗って毛とワックスが接着する性質を利用して、引きはがすことにより毛を毛根から取り除く施術方法になっています。
また家庭用の脱毛ワックスも販売されていますので、クリニックやサロンで施術を受けるのは抵抗があるという方でも気軽に脱毛をおこなう事ができます。
また市販の商品はクリニックやサロンなどで使用されているワックスと成分が違うケースが多いです。
クリニックやサロンで使われているワックスのほとんどはハードワックスと呼ばれるもので、脱毛効果の高いワックスを使っているケースが多いです。
市販されているワックスの場合ではジェルで販売されているものや、シートなどに既に塗られている状態で販売されているものもあります。
特にシートなどに既に塗られている商品は手を汚さずに使用する事ができますので、ネイルなどをされている方におすすめです。
ワックスを使った脱毛は肌トラブルの可能性が少なく、安心して脱毛をおこなう事ができます。

光脱毛とは

2015/10/28

高価な家庭用脱毛器や脱毛サロンで使われているのは、その多くが光脱毛です。光を使った脱毛とは、毛のメラニン色素に反応する特殊な光を照射することで、毛の奥へと作用し、毛が抜け落ちるようになっています。
よって、カミソリのように、刃物で切り取るような方法ではありません。毛の奥に光が届きますので、見た目的にも毛の断面図が見えず、次回ムダ毛が生えてくるまでの周期が長いという特徴を持ちます。特に脱毛サロンの脱毛機器は家庭用よりも高機能であるため、毛の根元付近まで光が到達しますので、高い脱毛効果が期待できます。
厳密にいえば、脱毛クリニックで利用されているレーザー脱毛も、光を使った脱毛方法ですので、施術の仕組み自体は、家庭用脱毛器や脱毛サロンと一緒です。しかし、脱毛クリニックのレーザーは医療用の強力な機器が使用されていることから、脱毛サロンの機器よりもさらに強力に毛へと作用します。
毛の生える元となる毛乳頭に届く光ですので、1度の照射できれいに毛を取り除くことができ、施術回数が少ないというメリットがあります。その代わり、出力が高い分だけ痛みを感じられやすいというデメリットを持っています。
痛みが嫌なら、家庭用脱毛器や脱毛サロンを利用した方がよいでしょう。

レーザー脱毛とは

2015/10/28

レーザー脱毛とはレーザーを使用して毛を作る組織を破壊して脱毛を行ないます。レーザーには黒い色など色素が濃い色に集まって発熱する性質があるため、皮膚の上から照射すると皮膚を通りこしてその下の毛穴の中の毛根に集中します。そこで熱を発生して毛根の組織を壊すのです。
一度破壊されると、二度と組織が再生しなくなるため毛がはえてこなくなります。
毛穴の中に毛がないと発熱しないため毛が成長期の毛穴にだけ効果を発揮し、毛が抜けていて空っぽの毛穴に対しては脱毛することができません。
そういった場合は再び毛が生えてくるのを待ってから施術を行ないます。人間の体毛は毛周期といって毛が生え変わる周期が部分部分で違いますが、だいたい6週間~8週間程度間を空けて施術を行なうのが一般的です。
主に使われているのがアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーですが、産毛やヒゲなどにはロングパルスヤグレーザーが使用されています。
レーザーは脱毛効果が大変高いため、使用方法を誤ると皮膚を傷つけてしまう可能性があります。安全に脱毛を行なうため、レーザーは医療機関でのみ使うのを許可されています。医師に肌の状態を診察してもらい、肌質にあった出力で施術を受けると脱毛効果が高いだけではなく、熱により肌のコラーゲン生成能力が高まるため美肌になることができます。

ニードル脱毛(電気脱毛)とは

2015/10/28

今は脱毛といえば、光脱毛、レーザー脱毛などが主流となっており、毛を抜いたりする必要はなく、処理したい部位に照射を繰り返すことで、毛根からきれいにできるようになっています。時間もかからず、痛みが少ない施術を行うことができます。

そして、こうした脱毛方法が登場するまではニードル脱毛が主流でした。
これは、1本ずつ確実に処理していく方法で、永久脱毛の効果も高い方法です。毛穴に細い針を差込み、そこに電流や高周波を流して毛根を破壊していきます。
1本ずつ丁寧に処理することができる方法で、確実性がありますが、痛みも強く時間もかかる、費用が高くなりがちなどの理由で現在では広い範囲の脱毛ではあまり利用されなくなりました。

現在もこうした施術は行われており、ホクロやシミがある部位、タトゥーなどがある部位など光やレーザーの照射がふさわしくない部位にも安心して利用することができます。

さらに眉周りなどの細かい部分にも対応できますし、ひげを自然に薄くしたい場合などにも向いています。
レーザーや光脱毛で残ってしまった部位の処理にも向いていますし、ビキニラインやワキなどの部分脱毛に利用するなど、現在も様々な場面で役立てられています。

脱毛の種類について

2015/10/28

onsen02_m身嗜みや美容の観点からムダ毛を処理することを、美容脱毛といいます。かつては女性が行っていましたが、近年では男性が行うことも少なくなくなっています。無駄な毛を除去することで、肌を綺麗に見せることができ自信を持って肌を見せる服が着こなせるなどの利点があります。
無駄な体毛を除去するためには、かみそりなどを使って剃毛したり、クリーム状または泡状になっている除毛剤を使って除毛する方法のほか、毛根から抜くことによって肌をキレイに見せることができるようになるのです。
毛根から抜く方法はさまざまあり、家庭でできる機械やワックスによって家庭でできる方法から、専門のエステサロンや医療機関で行うものなどがあります。
エステサロンや医療機関で行われる種類としては、電流によって毛根の組織を破壊して毛を再生させなくなる針、熱エネルギーを用いて毛根の組織を破壊して短時間で施術を行うことができるレーザーや光などがあげられます。
専門機関で行うことによって、安全で簡単、アフターケアまできちんとしてもらえるなどのメリットがあるのです。
しかしその分、何度も通わなくてはならない、料金がエステと医療機関では異なるなどのデメリットがあることを理解することが必要になります。

最近の投稿