‘2015/10’ カテゴリーのアーカイブ

なるべく自己処理はしないようにする

2015/10/28

ムダ毛はあまり自己処理しないようにします。カミソリや毛抜き、除毛クリームなど様々な方法がありますが、それらはリスクが高く肌トラブルの原因になってしまいます。毛を上手く処理できないと、皮膚がムダ毛を覆うようになり、ムダ毛が外に出られないまま成長する埋没毛になります。毛を抜くことで起こります。毛を抜くと皮膚の表面にわずかな穴が開き、それを修復しようとかさぶたができた結果、毛穴がふさがってしまいます。また、カミソリや毛抜きで毛穴を傷つけることもあります。そこにブドウ球菌などの雑菌が入り込むと、毛穴が炎症を起こし、赤く腫れたような状態になります。これを毛嚢炎といい、皮膚が痒くなったり、熱を持ったりします。特にビキニラインは敏感なので、カミソリによる処理は肌トラブルに繋がります。さらにカミソリや毛抜きによる脱毛を何度も繰り返すと、皮膚や毛穴の表面が刺激されメラニンが集中するので、色素沈着になります。肌トラブルを起こさないためには、脱毛サロンのフラッシュ脱毛でムダ毛を薄く細くしていく方法があります。また、皮膚科や美容形成外科のような医療機関では、医療レーザー脱毛を受けることができます。医療レーザー脱毛は永久脱毛の効果があります。

保湿を怠らないようにする

2015/10/28

普段から、ボディケアをしている人なら良いのですが、そうではない人が突然、ボディケアをしようと思ったら、毎日続かないこともあるでしょう。しかし、脱毛した時はそうはいきません。肌が大きなダメージを受けているので、何もしないわけにはいきません。保湿を怠らないようにしないと、肌トラブルが起こってしまいます。

脱毛という行為は、肌にとって異常なことであり、大きなダメージです。だから、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。そうなると、肌トラブルを起こしやすくなるのです。炎症が起こってしまうかもしれません。赤く跡が残ってしまうこともあるかもしれません。肌を綺麗にしようと思ってしたことですから、このようなことが起こらないように気を付けましょう。

ボディローションを付けたり、ボディジェルを付けたりしてください。脱毛した場所に塗りましょう。お風呂上りの習慣にすると、忘れなくて良いのではないでしょうか。脱毛していなくても肌に潤いを与えれば、つるつる肌をキープすることができます。やるとやらないとでは、肌の調子がかなり変わってしまいます。めんどくさがることなく、ケアしてください。自分の肌に合った化粧品を使って肌を綺麗にしましょう。

毛抜は使用しないように

2015/10/28

脱毛は一回の施術ではすべての毛をなくすことはできません。
施術回数が増えるごとに、ムダ毛は減っていきますが、
いきなりなくなるわけではありません。
そのため、施術している期間中もムダ毛の自己処理をしなければいけません。

自己処理の方法は、大きく分けて2種類あります。
カミソリやシェーバーで剃る方法と、毛抜で抜く方法です。
ムダ毛を剃ると、皮膚の上に出ている毛だけを剃り落します。
毛は皮膚の下に毛根があり、すぐに生えてきてしまいますが、
脱毛期間中は毛根を抜いてはいけません。

なぜかというと、脱毛の施術は、毛の生え変わりのサイクルに合わせて行います。
毛を毛根から抜いてしまうと、このサイクルがずれてしまい、
せっかく施術を受けても脱毛効果が減少してしまうためです。

ですから、脱毛している期間は使用しないようにしましょう。
抜くのが習慣になっていると、生え変わりの周期が乱れていることもあります。
脱毛しようと思ったら、抜かないで剃る方法に切り替えた方が安心です。
抜くことで、雑菌が毛穴に入り込んでしまい、炎症の原因につながったり、
お肌のトラブルになることもあります。
脱毛を効果的に受けるためには、注意しなければいけないことです。

日焼けをしないようにする!

2015/10/28

日焼けはシミやソバカスなどの皮膚の老化現象の原因なので、予防することが大切です。また皮膚がんにも大きく関係しているので、若い頃から紫外線対策はしておくべきです。なるべく紫外線に当たらないようにすることや、専用のクリームを塗ること、日傘を差すことで防ぐことができます。さらに食事によって対策することも大切です。紫外線対策に有効な栄養素は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。ビタミンCha,紫外線対策の化粧品にも多く使われています。ビタミンCは、シミやソバカスの原因となるメラニンの生成を抑え、肌のハリの元になるコラーゲンやエラスチンの生成を促します。ビタミンEは、抗酸化作用があり、肌の老化を促進する活性酸素の働きを阻害します。ビタミンAはにも優れた抗酸化作用があるほか、コラーゲンの生成を促進すると言われています。生理中はビタミンAが不足するので、積極的に食事に取り入れます。ビタミンCが多く、ビタミンE、ビタミンAも含まれているのは、トマトです。中くらいの大きさのトマトを1個食べると、1日に必要なこれらのビタミン摂取量の半分を補うことができます。トマトは低カロリーで、老化防止に効果的なリコピンがたくさん含まれています。

脱毛期間注意しなければならないこと

2015/10/28

プロによる施術を受けている方は、施術が完了するまでいくつか注意しなければいけないことがあります。まず、脱毛期間中は日焼けは出来る限り避けることが必要です。プロの施術ではムダ毛の黒い色素に反応する光やレーザーを照射して脱毛していくため、日焼けして肌が黒くなってしまうと、肌にまで光やレーザーが反応してしまい、火傷してしまうおそれがあるので施術を続けることが困難になってしまう場合があります。特に真夏の間は、日焼け止めクリームを入念に塗ったり、日差しの強い日中はできるだけ外出を控えて日焼けをしないように気をつけましょう。
また、施術を受けている部位は施術が全て完了するまで自己処理はなるべく行わない方が無難です。特に毛抜きやローラー式の脱毛器等を使ってムダ毛を引き抜く行為はお肌を傷めやすいため使用しないようにしましょう。また、施術日直前にムダ毛を自己処理で引き抜いてしまうと、毛根部まで光やレーザーをしっかりと伝わらせることができず、ムダ毛の再生組織に効果的なダメージを与えることが難しくなるので注意が必要です。
プロの施術では、お肌がダメージを受ける心配は基本的にはありませんが、施術が終わった後はお肌が過敏な状態になっていることがあるため、帰宅後はリラックスしながらスキンケアをしっかり行って肌を休ませるようにしましょう。

毛周期とは?

2015/10/28

エステやサロンなどで、脱毛を行うときに知っておかなければならないのが、毛のサイクルについてです。
わたしたちの皮膚のほとんどは、産毛を含め、髪の毛、まゆげ、わき毛などさまざま毛でおおわれています。しかし、腕や脚、Vライン、わきなど毛がたくさん生えていると見た目が悪いことから、これらをムダ毛とよんで処理をする人が多くいます。
毛は一度生えて、寿命などで抜け落ちても、また新たな毛が同じところから生えてきます。この生え変わりのサイクルのことを毛周期と呼んでいます。
このサイクルは毛の部位によって寿命が違います。
たとえば毛髪の場合には、一度生えた毛は3年から4年ほどの寿命があり、次第に抜け落ちていきます。
いっぽうでワキの場合は、4か月で新しい毛に生え変わるといわれています。
そのため、もしワキの脱毛を行う場合には、1度ですべての毛を処理することができるわけではなく、最低でも3回から4回の施術が必要となります。また、自分で毛抜きなどをつかって毛を抜いていると、自然なサイクルがくるってしまうために、3回から4回の施術ではすべての毛が処理しきれないこともあります。いま見えている毛は全体の3分の1程度で、残りの3分の2は皮膚の下で生えるのをスタンバイしています。

脱毛を始めるタイミング

2015/10/28

脱毛サロンに通えば数ヶ月程度で、ムダ毛のない綺麗な肌に変わるものというイメージを持つ人も少なくないでしょう。
ですが、脱毛というのは、数ヶ月では完了しません。
効果の高い医療機関での施術であっても短くて1年程度、脱毛サロンの場合、3年程度の期間が必要となる事が一般的です。
ですから、春先に脱毛を始めて、夏にムダ毛のない綺麗な肌になるという事は、難しくなります。
そんな脱毛を始めるタイミングとして、お勧めなのは、春先よりも秋頃です。
脱毛の施術は、毛の中のメラニン色素にレーザーや光を吸収させて行っていくのですが、メラニン色素というのは日焼けをした肌にも多く存在し、日焼けをした肌に照射をすると、火傷の原因となる事があります。
ですから、脱毛を始めたら、日焼けに注意をする必要があります。
その為、春先等の紫外線が増えてくる時期に脱毛を開始するよりも、秋等の紫外線が少なくなってくる時期に脱毛を開始する方が、紫外線の影響で上手く施術が進まないという状態が減り、効率的に施術を進めていきやすくなります。
多くの人が、脱毛をしたいと考える季節といえば、春先ですが、実際に脱毛の施術を開始するのに最適な季節は、秋から冬となります。

脱毛の種類:エステ脱毛

2015/10/28

自分で何度処理しても、しつこく生えてくるやっかいなムダ毛に悩んでいる方は、エステでプロの施術を受けることを検討されてみてはいかがでしょうか。プロの施術は、自己処理のようにその場凌ぎでムダ毛処理するのではなく、ムダ毛を再生させる組織に直接ダメージを与えていくことができるので、施術を重ねるごとにムダ毛が次第に薄く目立たなくなっていきます。自己処理を行う度に肌はダメージを受けてしまい、深刻な肌トラブルの原因になってしまう可能性があります。プロの施術でムダ毛そのものを薄くしていくことにより、次第に自己処理を行う必要がなくなるため、肌トラブルに悩まされることが無くなっていきます。
エステでは基本的に光脱毛と呼ばれる施術を行っています。光による施術にはいくつか種類があるものの、光をムダ毛に照射することにより、毛根部にある毛乳頭と呼ばれる組織とその周辺部にダメージを与えていく点ではほぼ同じといえます。光はムダ毛の黒い色素に反応するように調節されているため、お肌を傷める心配はありません。エステの施術では痛みを感じることはほとんどないので、照射時の痛みが不安な方やリラックスしてムダ毛を無くしていきたいと考えている方には最もおすすめできる施術といえます。

脱毛の種類:クリニック脱毛

2015/10/28

現在ムダ毛に悩んでいる方は、エステやクリニック等で気軽にプロの脱毛施術を受けることができます。自分でムダ毛処理をしている方もいると思いますが、プロの施術を受けることによって、次第に自己処理のわずらわしさから解放されていくのでおすすめです。
プロが行う脱毛の種類にはいくつかありますが、クリニックでは医療レーザー脱毛機器を使用して施術を行っている施設がほとんどです。医療機関のみ使用を許可された医療用レーザーをムダ毛に照射することにより、毛根部にあるムダ毛の再生組織に効果的なダメージを与えていくことができます。施術を繰り返して受けることで、毛の再生組織が破壊されてムダ毛がだんだんと薄く目立たなくなっていきます。医療レーザー脱毛は、エステで一般的に行われている光脱毛よりも効果が強いので、より短期間でムダ毛を無くしたいと考えている方には最適な脱毛施術です。
クリニックでは、医師や看護師など国家資格を持つ医療スタッフが脱毛施術を行ってくれるので、パワーの強い医療レーザー脱毛でも安心して施術を受けることができます。レーザーは黒い色素に反応するため、お肌には負担のかかりにくい施術ですが、万が一お肌にトラブルが起きた場合でもすぐに医療処置をしてもらえるので、安全確実にムダ毛を無くしていくことができるのも利点といえます。

初めての脱毛!!始める前に知っておきたいこと

2015/10/28

onsen_mムダ毛処理は毎日のようにケアをしておく必要がありとても大変です。
特に女性の方は美意識の高い方が多く、毎日のようにムダ毛処理のケアをしている方が多いです。
しかし自分でムダ毛処理をおこなうと綺麗にムダ毛を処理する事ができず、また肌を傷つけてしまうケースも少なくありません。
その為脱毛サロンの利用を検討している方が多く、定期的にクリニックやサロンなどでムダ毛の処理をしているという方も多いです。
クリニックやサロンなどで脱毛を経験してみたいという方は脱毛の施術方法について知っておくと安心です。
特に初めての脱毛で知っておきたい事は脱毛方法です。
クリニックやサロンで受けられる脱毛の施術ではレーザー脱毛や光脱毛、ニードル脱毛などの種類が存在しています。
それぞれの施術方法には特徴がありレーザー脱毛の場合は光の出力が強いので施術中に痛みを感じる事があります。
しかし最近では冷風などを利用して痛みを和らげる工夫をおこなっているクリニックやサロンが多いです。
また光脱毛では痛みが少なく施術時間も短いですが黒いホクロやシミなどがある箇所の脱毛を断られるケースが多いです。
光脱毛は医療クリニックで受けられるレーザー脱毛よりも効果が低いです。
そしてニードル脱毛はレーザー脱毛では施術を受けられない箇所でも脱毛をおこなう事が可能です。
また脱毛個所の毛の再生率がとても低い為完全脱毛に近い脱毛になっています。
しかしニードル脱毛は費用が高く手間もかかり痛みも強いです。

最近の投稿