‘2015/11’ カテゴリーのアーカイブ

黒いブツブツが毛穴に残った場合

2015/11/23

ムダ毛処理を行う方法としては、シェーバーや脱毛クリームが便利ですが、この場合は肌の表面に出ている毛だけの処理となりますので、毛根部分は残ってしまうこととなります。
毛根からしっかり処理していくのであれば、エステサロンや医療機関の脱毛も検討してみましょう。
ムダ毛処理というと痛いというイメージもありますが、今は光やレーザーによる照射が一般的となっており、毛を無理に抜いたりする必要はなく、短時間の照射で毛根からしっかり処理できるようになりました。

そして、効した施術は毛周期に合わせて何度も行うことで効果が出てきます。
効果が出てくると、毛根も処理ができますので、毛穴もきれいになり、.目立たなくなっていきますが、ときには黒いブツブツが残ってしまう場合もあります。

こうした場合は照射で焦げた毛が排出されずに残っていることが考えられます。こうした場合も無理に取り出そうとしなくても、新陳代謝とともに自然に消えていきますので、過剰に心配する必要はないと言えます。肌の保湿を行ったり、マッサージで血行を促進させるとよりターンオーバーの機能を高めることもできます。
一時的なものなので、それほど心配はないものですが、気になる場合はサロンやクリニックに相談してみましょう。

効果が出ているかの見分け方

2015/11/23

メンズ脱毛をされる方が増加しています。利用するのは20代や30代の男性がメインですが、40歳、50代の男性でも身だしなみに気を付けている方は多く、幅広い世代の男性からも支持され始めています。少し前までは男性に脱毛できるサロンも少なく、あったとしても施術範囲も極めて少なく需要も高くありませんでした。しかし、最近ではメンズ専用の脱毛サロンができたり、脱毛部位も女性の脱毛で行われるようなメジャーな部分や胸毛やヒゲなど男性特有の部位など、あらゆる部位を脱毛できるようになりました。脱毛の効果を実感できたかどうかは個人差があり、1回では実感できたという方もいれば、イマイチよくわからないという方もいらっしゃいます。見分け方としたら脱毛した部分の毛が細くなってきたとか、服の上に抜けてる毛が何本もあったなどというところがポイントになってきます。2回、3回目になってきたら、全体的に毛が薄くなってくるなど目に見える実感を感じることができるようになります。もし、永久脱毛を希望するなら美容クリニックがいいですが、ヒゲなど形を変えたりしたいなどの場合は脱毛サロンがおすすめです。自分のニーズに合わせて脱毛部位を組み合わせられるので、満足している男性はたくさんいらっしゃいます。

抜けたがすでに生えてきている場合は機械の熱量不足

2015/11/23

通常は脱毛を行って数週間でほとんどの毛が自然と抜け落ちます。ひげや顔は体より毛の伸びるスピードが速いので1週間ぐらいで効果が見られます。まばらに残ってしまった場合は治療の際に当てムラがあった可能性がありますが、何度か繰り返し受けるたびに綺麗になっていくものなので、ある程度は仕方がないかもしれません。しかしほとんど全ての毛が抜けずに残った場合、熱量不足が考えられます。この状態で何度やっても効果は出ません。お店に効果が出なかったことを伝え、熱量を上げてもらう必要があります。ただ口下や鼻下のヒゲは抜けきらない事も多いので、徐々にダメージが蓄積することで4回前後受けるうちに抜けていくことがあります。その他の部分で全体的に30%程度残っている状態なら熱量不足が考えられます。レーザーや光脱毛は毛周期に合わせて、成長期の毛にしか効かないものです。毛が生えているが実は細胞が休んでいる退行期や、毛が生えてない状態の休止期の毛穴には効果がありません。休んでいた状態の毛がまた生えてくる成長期に入るのに合わせて何度か脱毛を受ける必要があるので、一度には終わりません。またムダ毛が生えてきた、抜け落ちない毛があると思っても、繰り返すうちに徐々に減ってきます。biyou03_l

2割以下の効果しかない場合は施術者との相談が必要

2015/11/23

エステで脱毛の施術を受ける場合に知っておきたいのが「個人差があるため、施術を受けたすべての方が良い効果を得られるとは限らない」という事です。「施術回数はある程度こなしているのに全体の2割以下しか抜けていない」という場合には、いったん中断をしてスタッフに相談をする事が大切で、もし納得いく回答が得られなければ、この契約を解約して違う会社に乗り換えるという方法もありますので、じっくり話し合いを持ってみる事です。

毛の抜け方は一定ではなく、1回の施術で抜け落ちるケースもあれば何度か施術をしても抜けないしぶとい毛もありますが、「個人差の範囲なのでもう少し待ってみて下さい。」などという言葉だけでは不安に思えます。施術を受ける側のことを考えてトラブルにも対処して下さる所が本当に良いサロンなので、口コミなどで評判の良い会社を選ぶ事が大切です。

また脱毛の方法によっても効果に違いが出ます。レーザー脱毛は医療機関でしか行なうことは出来ませんが、光脱毛を選択した場合に毛の量が多い方と少ない方、しぶとい毛根であるかどうかによっても変わりますので、毛の質を把握したうえで施術を行ってくれる会社を選ぶと安心してお任せできます。

3~7割程度の抜け具合は機械調整をしてもらおう

2015/11/23

メンズ脱毛は女性の脱毛とは違い、ある程度の毛を残しておくケースが多いです。もちろん、毛を全く残さずにツルツルにすることも可能ですが、少し不自然になってしまいます。通常の場合は、3~7割の毛を残しておくことが一般的です。毛を残す割合については、脱毛器を機械調整することによって可能になります。
メンズ脱毛をする時には、脱毛をしてから1ヶ月後の毛量の状態を確認し、理想の毛量になるように機械調整を行って再度脱毛を行います。これを6回から7回程度繰り返すことによって、自分が理想とする形での脱毛をすることができます。数回の脱毛の施術が終わると、イメージ通りに仕上がっています。
脱毛器の機械調整は、細かい設定を行うことができますので、要望がある場合にはエステティシャンに伝えると、希望通りの毛量を残すことができます。毛量の調整は、腋毛や胸毛、アンダーヘアーなど、あらゆる部位の毛に対して行うことができます。
メンズ脱毛も全身脱毛をすることが可能です。全身脱毛をする時も毛量を調整することができますので、希望通りに仕上げてもらえます。毛の部位によって抜け具合の割合を変えることも可能ですので、腋毛を多めに残して、アンダーヘアーを少なめに残すようなこともできます。

8割以上抜けていたらそのまま続けよう

2015/11/23

現代は男性も大切なエチケットなので、髭や脚、腕などの脱毛に関心の高い人が増えています。
エステサロンのメンズ脱毛に通院をしているけれど、むだ毛が減っているかわからないと感じている人が多いのではないでしょうか。
エステサロンのメンズ脱毛は、お肌にダメージを与えないように医療レーザー脱毛に比べると出力が弱いため、通院をしたばかりの頃は、効果を実感しにくい場合があります。
髭の場合は、脱毛の施術を受けてから一週間から2週間程度、体のむだ毛の場合は2週間から3週間程度で、脱毛効果があれば毛が抜けていることが多いです。
8割以上のむだ毛が抜けていたら、脱毛効果ありなので、しばらくの間は通院を続けることが大事です。
脱毛の施術を受けてから、一ヶ月ぐらいするとまだ表面に出ていない毛が生えてくるため、2、3ヶ月に一回程度は通院をする必要があります。
毛量は人によって個人差がありますが、1年程度通院を続けることで、確実にむだ毛を減らすことができます。
エステサロンのメンズ脱毛は、お肌にダメージが少なく安全性の高い方法なので、安心して施術を受けられます。
医療レーザー脱毛に比べると、通院をする回数が多くなりますが、根気よく続けるようにしましょう。

脱毛1ヶ月後の毛量で方法を見直そう

2015/11/23

脱毛を受ける男性が非常に多くなっています。
女性が行うものというイメージが強い脱毛でしたが、最近では体毛やヒゲなどで脱毛する男性が多くなっていて非常に人気になっているのです。
そんな脱毛ですが、ニードル脱毛の場合はその場で脱毛効果が出ますが、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の場合はその場では出ません。
なので、しっかりと自分自身で脱毛の効果をチェックして、その後のスケジュールを考えることが必要になります。
では、どの様にして脱毛の効果をチェックするのかですが、脱毛の施術を行って1ヶ月後の毛量を判断材料にするのです。
脱毛効果のあった毛は施術後2週間ほどで抜けていくのですが、余裕をもってもう少し経ってからチェックするということです。
毛が生えてこなかったり、十分抜けているのであれば効果はしっかり出ているのでそのまま続けると良いでしょう。
5割程度しか効果が出ていないようであれば、出力を上げてもらったりしないと脱毛の期間が長くなってしまう可能性が高いです。
また、抜けてもすぐに生えてきてしまうという場合も出力を上げるなどを相談したほうが良いです。
あまり効果が無い場合は、もう少し根本的な対策をスタッフの方と相談した方が良いです。

メンズ脱毛、こんな場合は脱毛方法を変更しましょう

2015/11/23

メンズ脱毛の人気が高まっており、対応しているエステサロンやクリニックは増えていますが、利用前にはその脱毛方法を知っておきましょう。
まず、エステサロンの場合は大きく分けてワックス、そして光脱毛で対応する方法があります。ワックスの場合は気になる部分にワックスを塗布し、一気に剥がして脱毛していきます。剥がすときに痛みはありますが、広範囲も短時間に処理できるのが特徴です。
一時的に処理したい、できるだけ早く結果を出したいという場合に向いています。
そして、光脱毛の場合は、あらかじめムダ毛はシェーバーなどで剃っておき、毛根部分に照射を繰り返し、脱毛の効果を高めていきます。毛を抜く必要もなく、痛みも抑えながら処理していける方法です。

さらに医療機関の場合は永久脱毛の効果の高い方法が提供されています。
まず、レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛と同じように照射を繰り返すことで、効果をあげていきますが、より出力が高く、早く結果を出せる傾向にあります。
そのほかではニードル脱毛もあり、こちらは1本ずつ確実に処理ができる方法です。
医療機関の場合は効果が高いこともあり、痛みもやや強い傾向にありますが、そういった場合も麻酔クリームなどで対応してもらうことができます。

毛をどのくらい薄くするかで通う周期が変わる

2015/11/23

近年では、女性だけでなく、男性が脱毛をすることが多くなってきています。男性の場合、髭を脱毛する人が一番多くなっていますが、目立ちやすいすね毛の処理をする人も増えてきています。すね毛が多い男性を嫌う女性もいて、あまり良い印象を与えることがありませんし、ハーフパンツなどを穿くと余計に目立ってしまうため、ファッションを着こなしたいという理由で脱毛をする人もいます。女性と違うのが、毛が全くないツルツルの状態ではなく、ほどよく薄くすることが一般的になってきています。脱毛をする時には、毛の生え変わる毛周期に合わせて処理を行うため、回数を重ねるごとに段々と薄くなっていきます。光脱毛の場合、個人差はありますが、3回〜5回くらいで20%〜50%程度の薄さになり、5回〜9回くらいで50%〜70%程度薄くなるといわれています。一回の施術のあと2週間くらいで毛が抜け落ちてきますので、自分のなりたい薄さになっているか経過を見ながら処理を進めていくといいですね。毛が薄くなることで肌もきれいになりますし、無料でカウンセリングを行っているエステサロンもあるので、気になる方は一度無料カウンセリングで相談してみましょう。

均一に薄くならないことも

2015/11/23

脱毛サロンでフラッシュの光をあててムダ毛ケアをしているとき、フラッシュの光を照射した部分は全てムダ毛が薄くなるものと思う人が多いですが、実際はムダ毛が均一に薄くならずまばら状態になる場合が多いのです。
どうして同じ光を照射しているのに仕上がり具合が異なるのかと言うと、ムダ毛一本ずつの状態が異なるからです。ムダ毛の濃さや太さが違うといった点が影響します。フラッシュの光はムダ毛の色が濃ければ濃いほど反応して除去しやすくなるため、逆に薄くて細いムダ毛だと脱毛しきれずに残ってしまうことが多いのです。
また成長期や休止期といったムダ毛の状態に違いも仕上がりに大きく影響します。フラッシュ脱毛はムダ毛が成長している時期に行うことで脱毛効果を実感することが出来るため、休止期や退行期といった時期のムダ毛には効果が感じられません。そのため間を置いて何度も脱毛施術を繰り返すことで、徐々にムダ毛が気にならない美肌を手に入れることが出来るのです。
そのため根気よく時間をかけて脱毛に取組み、途中で投げ出さないことが大切です。途中で脱毛を止めてしまうと、中途半端な見た目の悪さだけが残り、時が経てばまた元通りになってしまうため元の木阿弥です。

最近の投稿