‘2015/12’ カテゴリーのアーカイブ

サロン脱毛とクリニック脱毛を試そう

2015/12/18

ハイジニーナ脱毛は、VIOラインをまとめてします。
自分での処理は難しい箇所です。

クリニックは医療用レーザーを使います。お金をかけてもしっかり効果を出したい人、短期間で済ませたい人におすすめです。
5回〜8回(1年半〜2年)くらいで完了します。
エステサロンでやっても効果を感じなかった人が、クリニックに通う例もあります。
新しい機種は従来より痛みが弱く、敏感肌や日焼けした肌、色素沈殿がある人でも使えます。
地方のクリニックは、都内より低価格の傾向があります。
料金はまちまちなので、HPをチェックしたり、詳しく説明を受けましょう。
万が一、痛みややけどの症状がでても薬をすぐに処方できます。
医療機関なので、技術面でも衛生面でも安心できる魅力があります。

サロンは資金が少ない人や、まずはお試ししてみたい人向けです。
VIOラインは特にデリケートな部分なので、わきや腕に比べると痛みが強くなります。
サロンでの処理は医療用レーザーに比べて痛みがソフトです。
永久脱毛とは言えません。
それは、医師法により「永久脱毛できるのは医師だけ」というルールがあるからです。
黒い色に反応させるという原理は同じですが、パワーを抑えています。
20回〜30回(3年〜5年)かかります。
それでも人気なのは、長期間ムダ毛を減った状態にして綺麗でお手入れが楽になるというメリットがあるためです。
VIOラインにおいては女性ばかりのスタッフなので対応に慣れているのも安心です。
全国に店舗を展開していて駅からすぐのアクセスが多いので、自宅近くで通いやすいこともあげられます。
同時にお肌のケアができ、すべすべ感が得られるのも女性にとって嬉しいことです。

ブラジリアンワックスの弱み

2015/12/18

その手軽さからとても人気の高いブラジリアンワックスですが、決して良い事ばかりではありません。こちらにも、デメリットが存在するので注意が必要です。
ブラジリアンワックスのデメリットは、ワックスを使ってムダ毛を無理やり引き抜くため、「強烈な痛み」があります。また、ワックスを使った脱毛法なので、ムダ毛の長さが約5mm以上は必要になってきます。そのため、「処理後に生えてきても、ある程度伸びるまで我慢しなければならない」、「急に処理をしようと思っても長さが足りない」という事もあります。
ブラジリアンワックスは、肌に伸ばして一気に剥がす脱毛法なので、力ずくで抜いた時に皮膚にダメージを与えてしまう可能性があります。そのため、それが直接の原因となったり、雑菌に感染してしまったりと、「肌トラブル」を起こす可能性もあります。
ブラジリアンワックスを使って、鼻毛の処理をする方が多くいると言われていますが、これも注意が必要です。鼻毛というのは、外からの異物の侵入を防ぐフィルター代わりになっているので、それを根こそぎ抜いてしまうという事は、異物の侵入を許すことになってしまいます。そのため、鼻からの異物侵入による様々なリスクを負う可能性が高まってしまいます。
このように、ブラジリアンワックスにはいくつかのデメリットがあるので、使用を考える際にはその内容をしっかりと把握することが大切です。

ブラジリアンワックスの強み

2015/12/18

ブラジリアンワックスのメリットは、サロンのような仕上がりになることです。元々ブラジリアンワックスはサロンしか扱うことができませんでしたが、一般向けに販売されるようになり、自宅で本格的な処理が可能です。カミソリによる処理とは違って、毛根から毛を抜き取るので、剃り残しがありません。使った場所がツルツルになるので、夏場に水着を着てもムダ毛を気にしないで堂々と楽しめます。特にデリケートゾーンはカミソリや毛抜きを使って処理しても、毛穴が黒ずんで目立ってしまいます。また一度に広範囲の処理ができるので、レーザー脱毛などに比べてコストパフォーマンスが良いです。ブラジリアンワックスを使うと、次に毛が生えるまでにおよそ6週間かかるので、自己処理の回数が減って時間を節約できます。専用のワックスには保湿効果や処理の過程で傷めた肌を補修する成分が入っているので、通常の処理よりも肌に優しいです。さらにブラジリアンワックスは一時的な脱毛なので、好きなように形を変えることが可能です。一般的な脱毛サロンでの施術は、一度決めた形を目標に脱毛し続けますが、ブラジリアンワックスでは季節やファッションに合わせて元の形に戻せます。

ブラジリアンワックスでハイジニーナにしよう

2015/12/18

欧米ではワックス脱毛が主流となっていますが、日本では最近ブラジリアンワックスが注目され人気となっています。デリケートゾーンの脱毛、ハイジニーナも処理できるワックスだからです。ブラジリアンワックス脱毛ができる専用のサロンも増加しています。

ブラジリアンワックスの基本的な使い方は、温めたワックス剤を脱毛したい部分に塗り、固まったところで、毛の流れに逆らって引きはがすというものです。ワックス剤に絡める程度の毛の長さが必要になりますが、低コストで、脱毛効果が長めであることが人気の理由です。油性ワックスと水性ワックスがあり、油性ワックスのほうが粘着性が高く、高い効果が期待できますが、引きはがす際にうまくいかないと皮膚まではがれ、肌トラブルになることがあり、プロの技術力が必要です。専用のサロンで技術力の高いスタッフに施術を依頼することがおすすめです自宅でセルフ処理するなら水性ワックスを利用するのがよいです。粘着性は油性タイプよりも劣りますが、水で洗い流せることや、自然素材で作られたものが多いので肌への負担も軽減できます。無添加タイプの商品であれば、顔を除く全身脱毛が可能で、ハイジニーナには最適であるといえます。

ハイジニーナ脱毛の方法と痛み

2015/12/18

脱毛サロンや美容クリニックでも人気の高い部位であるハイジニーナ脱毛は、自己処理で脱毛する方法も多くあります。

まず、ハイジニーナ脱毛のために開発されたブラジリアンワックスでの脱毛方法は、ワックスを塗ってそれをはがすという方法で、一度に広範囲の毛を処理できることもありコツさえ掴めば便利な脱毛方法です。

ただ、貼ってはがすという行為が肌や毛穴に負担をかけるのと、ハイジニーナ、いわゆるVIOラインは他の部位に比べても特にデリケートで敏感であるため、痛くて脱毛を断念する人もいますが、慣れてしまえば急な用事の時にもすぐに脱毛できるのでてっとり早い方法でもあります。

その他、カミソリによる脱毛方法は痛みはほとんどないのと、お風呂に入った際にさっと剃るだけで済むので非常に手軽でもありますが、お風呂場は雑菌が多い場所であり不衛生なカミソリでの処理によって毛穴に雑菌が入り炎症を起こす可能性もあるので気をつけましょう。

毛抜きは、引っこ抜いて処理する方法なので、ハイジニーナ脱毛をするには時間がかかり、またうまく抜けないで毛が途中で切れてしまうと埋没毛ができる原因ともなるのであまり適していません。

その他、家庭用脱毛器での処理は、特に広範囲を照射することのできるフラッシュタイプの機種がおすすめです。
フラッシュ方式により肌のキメが整う効果も期待できるのと、痛むことも少ないのでブラジリアンワックスは使用できない敏感肌や肌トラブルを起こしやすい人に適している脱毛方法と言えます。

ただ、自己処理はすべてのケアを行わなければなりませんので、どんな方法においても脱毛後には保湿するなどアフターケアを行うようにしましょう。

ハイジニーナの利点

2015/12/18

ハイジニーナ脱毛とはVライン、Iライン、Oラインと言ったアンダーヘアの脱毛のことです。ハイジニーナ脱毛は海外セレブの間で人気が高くなり、今では日本でも珍しくない脱毛方法になっているものです。ハイジイーナ脱毛はアンダーヘアをすべて脱毛しなくてはいけないと思っている人も少なくありませんが、そうではなく自分の希望の形にアンダーヘアを残すこともできます。Vラインを希望の形に残して形を整え、Iライン、Oラインの毛をなくすといった脱毛方法を行う人も多いです。ハイジニーナ脱毛のメリットとしてはアンダーヘアを処理することによって、生理中の蒸れであったり経血やおりものなどによる汚れを防ぐことができるのでデリケート部分を清潔に保つようにすることができ、それによっておこる嫌な臭いなどを防ぐことができることがあげられます。その他にも夏など水着を着る際にアンダーヘアを処理していれば、ファション性の高い水着を楽しむことができるのもメリットの一つですし、水着だけでなく布面の少ないきわどい下着などを楽しむこともできます。カミソリなどで処理した場合と違って処理した後が黒くぶつぶつになっていることもないので水着なども自信をもって着こなすことができます。

VIOラインはどこからどこまで?

2015/12/18

デリケートゾーンのムダ毛、つまりアンダーヘアの脱毛をエステやクリニックではVIO脱毛と呼びます。一般的には、いわゆるビキニラインがVライン、性器の周りがIライン、ヒップ奥、つまり肛門の周りがOラインとなっています。
ただ、Vラインに関してはどこまでなのか気になるという方が多いようです。体質によってはいわゆるギャランドゥのようにもっさりと生えている方もいれば、申し訳程度に生えている方もいるからです。範囲はどこまでなのでしょうか。
Vラインに関してはシェービングにあたってプレートのようなものを渡されるエステもあるようです。Vラインの部分にそのプレートをあてて、はみ出た部分のムダ毛を処理するというわけです。これなら一目瞭然で、非常にわかりやすいです。
IやOラインで気になるのが、どこまでできるのかでしょう。実は光を使った脱毛は粘膜の部分はできません。粘膜の部分は肌が弱いですし、色素沈着していることがあるので、肌トラブルが心配だからです。そもそも粘膜にあまりムダ毛は生えていないのでそれほどき気にすることはないはずですが、仮に粘膜に生えていた場合、残念ながらそもそも脱毛の対象外となるので注意しましょう。

注目されるハイジニーナ脱毛

2015/12/18

今プロの手による脱毛の中でも最も注目されているのがハイジニーナ脱毛です。
これはいわゆるデリケートゾーンの脱毛を指し、海外のセレブ女性中心に人気が出て以降、海外では多くの方がこうしたデリケートゾーンの脱毛を完了させています。
日本ではこうしたパーツの脱毛習慣はあまり根付いていませんでしたが、エステのフラッシュ脱毛が広がるにつれて、ハイジニーナ脱毛を希望される方が増えてきており、現在では多くのサロンで全身脱毛にこうしたハイジニーナ脱毛が取り入れられるようになりました。

ハイジニーナ脱毛を行うパーツはビキニのラインVライン、生理用ナプキンの当たるIライン、さらに肛門周りのOラインで、粘膜に近いパーツですので高い脱毛技術が必要になります。
こうしたデリケートゾーンを脱毛することでムダ毛を気にする心配がなくなり、水着や下着のファッションを思い切り楽しめるというメリットがあります。
またムダ毛がなくなることで月経中の経血の処理も大変楽になり衛生的に管理することができるというメリットもあります。
ハイジニーナ脱毛を受けたことにより匂いも気にならなくなったという方も多くいらっしゃいます。
何よりも体のすみずみまで綺麗に管理しているという女性としての自信につなげることができます。

ハイジニーナ脱毛の歴史

2015/12/18

ハイジニーナ脱毛と呼ばれるアンダーヘアのお手入れは、世界的には非常に古くから行われてきた歴史のある脱毛です一番古い時代では紀元前エジプト、世界三大美女の一人クレオパトラが行っていたといわれています。その時代のハイジニーナ脱毛とは、今の時代でいうブラジリアンワックス脱毛のように、砂糖やハチミツを使った脱毛剤を利用しツルツル肌を手に入れます。諸外国ではアンダーヘアのお手入れを行うことは衛生的にも宗教的にも理にかなっており、男女を問わずに利用されているものです。中世ヨーロッパの貴族など、上流社会の身だしなみとしてもハイジニーナ脱毛は好まれてきました。
日本ではなかなかハイジニーナ脱毛が一般に浸透していませんでしたが、2000年代に入ると脱毛エステサロンの普及や低料金化によって芸能人や富裕層以外の一般人にもアンダーヘアのお手入れをする習慣が根付いてきました。その結果日本でもハイジニーナ脱毛をする人たちが男女を問わず増える結果となり、諸外国と同じように身だしなみの一つとして更に広がりを見せていくでしょう。男性でも女性でも、アンダーヘアが無いことで雑菌の繁殖を防ぎ、性行為を行うときに擦れないなどメリットが多いといえるでしょう。

モテ女の常識、ハイジニーナ脱毛

2015/12/18

gf1940281802lハイジニーナ脱毛といえば、女性のデリケートゾーンの脱毛を指す言葉であり、海外のセレブの間で始まったのをきっかけに、爆発的に流行しました。日本においても、最近になってハイジニーナ脱毛を行う女性が増えてきており、モテる女にはもはや常識となっています。では、なぜモテる女性はハイジニーナ脱毛をしているのかというと、メリットが複数あるためです。まず、デリケートゾーンのムダ毛をなくすことによって、水着や下着を綺麗に着こなすことができるようになります。水着や下着を着るときに重要になるのが、体のラインが見えるシルエットです。ムダ毛が薄い下着や体にフィットした水着の下でモコモコしていると、それだけでシルエットが崩れてしまうので、美意識が高い女性はハイジニーナ脱毛をして、美しいシルエットをキープするのです。また、そもそもハイジニーナとは、英語で「衛生」を意味するhygiene(ハイジーン)という単語からきていることからもわかるとおり、デリケートな部分を衛生的に保つ効果があります。ムダ毛がないため、蒸れることもなく、特に生理のときなどは、ムダ毛に血液が絡んで汚れてしまうということもありません。したがって、いつも肌が清潔でいつもさわやかな状態をキープすることができます。

最近の投稿