‘2015/12’ カテゴリーのアーカイブ

お金はある!早く脱毛を終わらせたい

2015/12/18

脱毛に通うとなった時の選択肢として、サロン脱毛にするのかレーザー脱毛にするのかがあります。サロン脱毛では、学生さんにも多く利用されているようにリーズナブルな料金で提供されていますが、脱毛完了には一年や二年くらいの長期的にかかってしまいます。ゆっくりでも安く利用してみたいという場合には向いていますが、お金がかかってもとにかく早く終わらせる方がいいと考えているのならレーザー脱毛がおすすめです。
レーザー脱毛は、美容皮膚科などの病院でのみ行われている脱毛施術です。毛が生える組織を壊してしまうために毛が生えなくなるという医学に基づいた治療が行われ、全身脱毛にも利用が可能です。一回ごとに高い効果があるので、脱毛施術を受ける回数が少なく早く終了させることができます。ただし、レーザー脱毛はサロン脱毛に比べると一回当たりの料金は高額です。けれども、部位が狭ければその分料金も安いわけであり、脇や鼻下など気になる部分だけ受けるのもいいでしょう。サロン脱毛ではいつまでたっても脱毛が完了せず、その分料金を払い続けるということになりますが、レーザー脱毛なら毛が生えなくなって終わりが見えてくるのでその心配もありません。

時間はある!安く済ませたい

2015/12/18

レーザー脱毛を受けてみたいけれども、料金が高くて断念しているという人におすすめなのがサロン脱毛です。レーザー脱毛では、毛が生える組織を壊して毛が生えないようにさせる効果がありますが、サロン脱毛では医師がいる場所ではないのでレーザーを使用することができません。よって、組織の破壊という行為は違法となってしまいますが、組織にダメージを与える程度の光を使用して脱毛施術が行われているので、繰り返し施術を受けることで毛が生えにくくなる効果を得ることができます。お金がかかっても早く脱毛を完了したい人にはレーザー脱毛が向いていますが、長くかかったとしてもとにかく安く済ませたい人にはサロン脱毛がぴったりです。
サロン脱毛の全身脱毛では、一回に全身の処理をしてくれるとは限りません。脱毛は毛が生えるサイクルに合わせて二か月に一度受ける必要がありますが、安いサロンになれば体の1/4ずつしか処理してくれないので一ヶ月に二回も通う必要がでてきます。しかし、サロンでは施術後に美容成分をたっぷり配合した化粧品類で肌のケアをしてもらえるので美肌効果にも期待ができます。時間があるという人はぜひサロン脱毛で試してみてはいかがでしょうか。

お肌に合う脱毛方法の見つけ方

2015/12/18

ムダ毛のお手入れ具合が特に気になる夏が終わりました。
露出部分が少なくなってくる今の季節が脱毛を始めるには一番いいのではないでしょうか。
脱毛と一言で言っても、自宅で出来る家庭用脱毛器、サロンなどで使われている脱毛器など多種あります。
自分の肌に合う脱毛方法とはいったいどのようなものでしょうか。

皮膚が強くて、ムダ毛が少なく、費用をおさえたい方は自宅での脱毛で十分かもしれません。
自宅で出来る脱毛としては、家庭用脱毛器の利用、ピンセットで抜く、ワックスを使用するなどがあげられます。
家庭用脱毛器は家電量販店などでお手頃な価格で購入することができます。
毛を引き抜くタイプ、毛を焼くタイプ、光で脱毛するタイプがあります。
ピンセットは1本1本根気よく毛を抜いていきます。近頃100円ショップでも購入することができます。
ワックスもドラッグストアなどで購入することができます。
自宅での脱毛はお値段控えめで手軽に始められますが、根気と頻繁な処理が必要になりますし、炎症などを起こす場合もあります。

皮膚が弱い方、ムダ毛が多い方はサロンやクリニックなどで脱毛することをおすすめします。
脱毛方法としては、ワックス脱毛、ニードル脱毛、光脱毛、医療レーザー脱毛など種類も豊富。
お手頃な価格でお試し脱毛体験をしているサロンは多数あります。
経験豊富なスタッフが事前のカウンセリングで皮膚やムダ毛の状態などを確認した上で脱毛体験が行えます。
一番確実な手段としては、実際に自分で体験してみて合うかどうか確認されることです。
インターネットなどでのお試し脱毛体験を実施しているサロンやクリニックを検索してみてはいかがでしょう。

家庭用脱毛器の方法とデメリット

2015/12/18

女性なら誰でも、ムダ毛のない美しい肌を手に入れたいと思ったことがあるかと思います。いざ脱毛しようと思っても、エステサロンに通う時間がなかったり、意外とお金がかかったりと、サロン脱毛を躊躇している方も多いのではないでしょうか。そんな時に便利なのが、家庭用脱毛器です。家電量販店でもよく見かけるようになり、サロンに通わなくても手軽に気軽にムダ毛の処理ができると今人気です。家庭用の脱毛器の種類としては、遠赤外線を用いるレーザー脱毛器や、光で脱毛するタイプのフラッシュ脱毛器、熱伝導を利用したサーミコン式脱毛器などがあります。家庭用の光脱毛器は、脱毛したい部位に光を照射するだけといういたって簡単な方法で脱毛をする事ができます。ただし、機械によって脱毛できる箇所とできない箇所があるので、きちんと正しい使い方を見てから使うのが無難です。サロンに通うよりも価格が安く、いつでも好きな時に自宅で気軽にできるなどのメリットがある半面、製品によっては思っていた以上に消耗品に費用がかかるといった意外なデメリットもあるので、製品選びの時にはよく見て購入するのが良いでしょう。また、見えない部分や手の届かない箇所のケアが難しいので、サロンでの脱毛と比べるとその点で劣ってしまうのはいたしかたありません。そのようなデメリットも知った上で脱毛器を選びましょう。

医療脱毛の方法とデメリット

2015/12/18

ムダ毛の自己処理から解放されて、つるつるの素肌になりたい人に注目されている医療脱毛は、ムダ毛を毛根から生えなくすることができるので、ムダ毛が生えてくることがなくなり、とても快適です。医療脱毛は、毛根に黒い色に反応する光をあてて、毛根にあるメラニン色素に光のエネルギーを集中させて、メラニン色素に反応した光が熱に変わるメカニズムを利用して、熱で毛根を破壊するしくみの脱毛方法で、永久脱毛をすることができます。
医療脱毛は、光のエネルギーが強いため、痛みを感じることが多いと言われていましたが、最新のクリニック専用の脱毛器は肌を瞬時に冷やす冷却装置が付いているため、痛みを軽減し、苦痛がとても少なくなりました。さらに、痛みに弱い人や痛みが怖い人は、麻酔クリームを併用することで、痛みをほとんど感じなくなるので、安心して施術を受けることができます。
医療脱毛は、光を肌にあてますが、肌に対する悪影響はないため、デメリットはありません。肌が弱い人やアトピーの人でも安心して受けることができる安全性の高い脱毛なのです。むしろ、肌がきれいになる美肌効果や美白効果を期待できるため、メリットがたくさんあり、医療脱毛はとても人気なのです。

エステ脱毛の方法とデメリット

2015/12/18

薄着になったときに、体のあちこちにムダ毛が生えていると恥ずかしいので、女性の多くは夏になると処理を行いますが、カミソリや毛抜きでは肌荒れすることが多いので、最近はエステ脱毛を受ける女性が増えています。
昔は料金が高く、利用しにくい面がありましたが、最近はワンコインで脱毛出来るサロンもあるので、学生の利用者も目立つようになっています。
エステ脱毛は、美容マシンの光を肌に照射するだけで、そこに生えているムダ毛をなくせるので、初めて体験する方は、あまりの簡単さに驚くかも知れませんね。
痛みはほとんどなく、施術後は肌に美容ローションをぬってもらえるので、美肌になれることも人気の秘密となっています。
エステ脱毛のデメリットは、クリニックで行う医療レーザー脱毛に比べると、肌の美しさが長続きしない点にあります。
エステ脱毛で使用しているマシンは性能が低いので、医療レーザーのようには、毛根を根元から破壊することは出来ません。
そのためすべすべの肌がそれほど長くは続かないため、ムダ毛が伸びてきたら、またエステに通う必要がありますが、それでも自己処理するよりは長持ちするので、安い料金で綺麗な肌を手に入れたい方におすすめです。

ワックス脱毛の方法ちデメリット

2015/12/18

ワックス脱毛とは、ワックスをムダ毛に塗ってから時間を置いて一気に引きはがす方法です。
脱毛したい部分の毛が毛根から抜けるので、その効果は2週間~1ヶ月弱続きます。
その際、古い角質も一緒に抜き取ることができ、つるつるとした肌に仕上がるのです。
そんなワックス脱毛はデリケートゾーンをはじめ腕や足、うなじ、背中などあらゆる箇所に対処できるのが魅力です。
すぐに脱毛したいというとき、たとえばパーティーでドレスを着るシーンがあっても、時間をかけずにムダ毛処理と美肌づくりが可能になります。
正しく使用すれば肌への刺激を最小限に抑えられるため、カミソリや毛抜きとは比較できないくらい安全に脱毛することができます。

そんなワックス脱毛ですが、使う人によってはデメリットとなることを覚えておきましょう。
まず一気にワックスを引きはがす際には、相応の痛みを伴うので、肌が弱い人はかぶれなどが起きやすいです。
また、配合されている成分が肌に合わなければ、肌にトラブルが発生する可能性もあります。
そのほか、時間が経てばまた毛が成長してくるため、長く美肌を維持したい人にとっては面倒に感じるかもしれません。
一般的な脱毛とは目的が違うということを理解したうえで、使用することが大切です。

毛抜き脱毛の方法とデメリット

2015/12/18

ムダ毛の脱毛には色々なものがありますが自分で手軽にできる方法には毛抜きを使った脱毛があります。このとき用意するものとしては、毛抜き、ホットタオル、化粧水、コットンです。処理したい部分をホットタオルでしばらく温めます。そうすることで処理する部分の皮膚を柔らかくして毛穴を開かせることができるので、ムダ毛を抜きやすくすることができます。ホットタオルを使わない場合にはお風呂で体を温めた後に行うのも皮膚が柔らかくなっていて毛穴が開いているので処理が行いやすいです。温めた後は、ムダ毛が生えている方向に向かって毛抜きで抜いていきます。このときに皮膚を毛抜きを持っていないほうの手で押さえるようにして、伸ばしながら毛を抜くようにすると良いです。処理後はコットンに化粧水をしみこませたもので保湿ケアをしましょう。そうすることで肌トラブルを起こりにくくすることができます。毛抜きを使うと手軽に脱毛ができますが、1本ずつ抜いていくものであるため処理に時間がかかります。またデリケートな部分の処理の際などは強い痛みを感じることがあったり、皮膚に刺激を与えてしまうので肌トラブルを起こしやすいといったデメリットもあります。

カミソリ脱毛の方法とデメリット

2015/12/18

手軽にできるということから、カミソリを使って脱毛するという方は多いことでしょう。確かに費用もかからずたいへん手軽な脱毛ですが、使用の仕方を間違えると肌に大きな負担を与えることになってしまいます。そこで、正しい使い方を習得するとともに、デメリットも知った上で使用したいものです。
カミソリを使って脱毛する正しい方法は、毛の流れに沿って剃るというものです。毛の流れに逆らって剃ってしまうことがないよう注意しましょう。もちろん、カミソリの刃はできるだけこまめに交換しておくことが大切です。いつまでも同じ刃を使用することがないよう、絶えず新しく清潔な刃が使えるようにしておきましょう。
このように正しい使い方に精通すると同時に、やはり留意しておきたいのが、カミソリ脱毛に伴うデメリットでしょう。たとえば、一旦剃ったとしてもすぐに毛が生えてくるのは、単に表面の毛しか剃っていないからです。そのため何度も剃らなければならず、肌にかなりの負担をかけてしまうことになるでしょう。さらに、カミソリで剃る時にムダ毛だけではなく肌の表面も剃ってしまい、傷つけてしまうことになります。それによって、肌の乾燥や肌荒れを引き起こすことさえあるのです。このようなデメリットも考慮に入れた上で脱毛を選んでみましょう。

脱毛方法の強みと弱み

2015/12/18

gf1940281800l脱毛方法には色々なものがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
ニードル脱毛は完璧に処理を行えるという点が特徴ですが、痛みが強いのが難点です。痛みが強いと広い範囲の処理を行うのが億劫になりますので、なかなか全身脱毛には利用できません。ただし、部分的な処理を考えている人にとっては、一度施術を受ければ二度と生えてきませんのでおすすめの方法です。
レーザー脱毛は医療機関で行われているということで安全性において信頼がおけます。照射出力がやや強い分多少の刺激を感じますが、効果も強いので少ない回数で満足のいくレベルにまでもっていくことができます。痛みに弱い人は麻酔が行えるというのも、医療機関ならではです。
最近ではサロンで行われている光脱毛の人気が高まっています。光脱毛の最大のメリットは美肌効果を得られることと痛みをほとんど感じないことです。痛みは照射出力に比例していますので効果もやや弱い方法であり、レーザー脱毛よりも通わなければならない期間は長くなります。敏感肌の人や肌の弱い人であっても受けられる可能性の高い施術です。
これらの他にもワックス脱毛は美肌効果で有名です。ただし、一時しのぎの方法ですので繰り返し行わなければなりません。

最近の投稿