ブラジリアンワックスの弱み

その手軽さからとても人気の高いブラジリアンワックスですが、決して良い事ばかりではありません。こちらにも、デメリットが存在するので注意が必要です。
ブラジリアンワックスのデメリットは、ワックスを使ってムダ毛を無理やり引き抜くため、「強烈な痛み」があります。また、ワックスを使った脱毛法なので、ムダ毛の長さが約5mm以上は必要になってきます。そのため、「処理後に生えてきても、ある程度伸びるまで我慢しなければならない」、「急に処理をしようと思っても長さが足りない」という事もあります。
ブラジリアンワックスは、肌に伸ばして一気に剥がす脱毛法なので、力ずくで抜いた時に皮膚にダメージを与えてしまう可能性があります。そのため、それが直接の原因となったり、雑菌に感染してしまったりと、「肌トラブル」を起こす可能性もあります。
ブラジリアンワックスを使って、鼻毛の処理をする方が多くいると言われていますが、これも注意が必要です。鼻毛というのは、外からの異物の侵入を防ぐフィルター代わりになっているので、それを根こそぎ抜いてしまうという事は、異物の侵入を許すことになってしまいます。そのため、鼻からの異物侵入による様々なリスクを負う可能性が高まってしまいます。
このように、ブラジリアンワックスにはいくつかのデメリットがあるので、使用を考える際にはその内容をしっかりと把握することが大切です。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿