肌トラブルや火傷

光脱毛の仕組みは、色素に反応する光を照射することで熱エネルギーを与えるメカニズムのため、日焼けや色黒の肌に当てると、やけどなどの肌トラブルを起こすことがあります。特にヒジ下やVIOラインなどは、色素沈着を起こしている上にデリケートで敏感な部分なので注意が必要です。光脱毛は広範囲に照射するため、やけどが一箇所だけとはならず、施術した箇所にいくつもの水疱ができるなど酷い症状に見舞われる人もいます。光脱毛は脱毛方法の中で最も肌の負担が少ないとされていますが、それでも起こりえる問題で、最近の脱毛機器は照射レベルを調節できるようになっていますが、調節なしで施術するとやけどなどの肌トラブルが起こります。光脱毛はほとんど痛みを感じないほどの施術ですが、もし涙が出るような痛みがある場合は、威力を抑えてもらうように伝える必要があります。また毛を焼くために熱が肌に広がり、毛穴の周辺が赤いほてりを持って、落ち着くまで1週間はかかるとされます。加えて毛穴の周辺へ細菌の侵入を防いでいる常在菌を光の照射で殺してしまい、毛が抜けたあとの毛穴に殺菌が入ることで炎症を起こす毛嚢炎がありますが、これはニキビのように膨れあがり痛みを伴います。そのまま色素沈着して黒ずんでしまうこともあるため、施術直後は保湿などの肌ケアをかかさず行うことが大切となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿