ハイジニーナ脱毛の方法と痛み

脱毛サロンや美容クリニックでも人気の高い部位であるハイジニーナ脱毛は、自己処理で脱毛する方法も多くあります。

まず、ハイジニーナ脱毛のために開発されたブラジリアンワックスでの脱毛方法は、ワックスを塗ってそれをはがすという方法で、一度に広範囲の毛を処理できることもありコツさえ掴めば便利な脱毛方法です。

ただ、貼ってはがすという行為が肌や毛穴に負担をかけるのと、ハイジニーナ、いわゆるVIOラインは他の部位に比べても特にデリケートで敏感であるため、痛くて脱毛を断念する人もいますが、慣れてしまえば急な用事の時にもすぐに脱毛できるのでてっとり早い方法でもあります。

その他、カミソリによる脱毛方法は痛みはほとんどないのと、お風呂に入った際にさっと剃るだけで済むので非常に手軽でもありますが、お風呂場は雑菌が多い場所であり不衛生なカミソリでの処理によって毛穴に雑菌が入り炎症を起こす可能性もあるので気をつけましょう。

毛抜きは、引っこ抜いて処理する方法なので、ハイジニーナ脱毛をするには時間がかかり、またうまく抜けないで毛が途中で切れてしまうと埋没毛ができる原因ともなるのであまり適していません。

その他、家庭用脱毛器での処理は、特に広範囲を照射することのできるフラッシュタイプの機種がおすすめです。
フラッシュ方式により肌のキメが整う効果も期待できるのと、痛むことも少ないのでブラジリアンワックスは使用できない敏感肌や肌トラブルを起こしやすい人に適している脱毛方法と言えます。

ただ、自己処理はすべてのケアを行わなければなりませんので、どんな方法においても脱毛後には保湿するなどアフターケアを行うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿