医療脱毛する場合

医療脱毛は、医療用として厚生労働省に認可された医療レーザー機器を使用し、医師の管轄のもとで施術を行なう脱毛で、強い出力での施術が可能で効果が高い脱毛方法です。
医療脱毛で使用する医療レーザーは、黒色に反応するレーザーを照射して毛根を破壊する方法で、出力の調整が細かく設定できるため、施術をうける人に合わせて最適な設定が可能です。そのため、アトピー肌や皮膚が弱い場合でも安心して施術が可能です。
医療脱毛のメリットのひとつに安心感があります。医療レーザーは医師の管轄で施術をするため、医師による施術で安心感があり、皮膚の状態を見て、その状態に合った方法や機器の出力調整を行なうことができます。
脱毛機器での施術は火傷などのトラブルがあることは否めませんが、医療脱毛は万が一肌トラブルが発生しても、医師による適切な治療をうけることができ、衛生管理の整った医療機関なので安心です。また、出力が強いため脱毛を完了するまでの回数は少なく、短い期間でできます。
施術の金額は自由診療なので、脱毛サロンの光脱毛などと比較しても高額で、出力が高いため痛みが強いこともありますます。施術後1ヶ月間は日焼け止めを塗ったり皮膚を擦らないなど日常的なケアは必要になりますが、デメリット以上の脱毛効果が期待でき、肌トラブルがあっても医師が施術するため迅速な対応やアドバイスが可能なので、安心して施術を任せることができます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿