家庭用脱毛器の強みと弱み

家庭用脱毛器のメリットは、自分で好きな時に脱毛することができることです。サロンなどに通って脱毛施術を受ける場合には、空いている日程を作り、予約をとってから通うことになります。脱毛は、毛周期に合わせて施術を受けることが効果的とされているため、時期によっては忙しくて通えなくなったり、予約が取りづらくなることがあります。家庭用脱毛器であれば、テレビを見ながらなど自分の好きな時に脱毛できます。
また、家庭用脱毛器であれば、基本的には追加コストなしで全身に使えることができます。サロンなどに通っている場合には、回数ごとや期間ごとで費用がかかります。家庭用であれば、いつでも使うことができるため、ちょっと毛が生えてきたところを脱毛したい場合などの対処も可能です。
家庭用脱毛器の弱みは、出力が劣ることです。お店で使うような脱毛機械に比べると性能が劣ります。そのため、産毛などの細い毛の脱毛は効果が得られにくいです。また、冷却装置がないため、痛みを感じやすいです。業務用であれば、冷却装置がついていますが、家庭用には付属していないため、自分で冷やしながら行う必要があります。痛みを緩和するためには、氷などで冷やしながら行うことになります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿