毛抜で脱毛する場合

ムダ毛の処理を行うには、クリニックやサロンに通い処理をしてもらうケースと自宅でカミソリや毛抜きで処理するケースに分かれるのですが、カミソリでムダ毛を処理する場合、そり残しや色素沈着といったトラブルが発生する可能性がありますので注意が必要です。毛抜きでムダ毛を処理する場合の最大のメリットは毛抜きだけで自宅で手軽にムダ毛を処理できるところです。しかし様々なデメリットや注意点がありますので、その点を知っておくことが大事になります。まず注意点はムダ毛を引っ張って抜く途中に毛根が抜けず途中で切れてしまい、この途中で切れてしまった毛が肌の中に埋まってしまう埋没毛です。この状態になると肌の中に黒くボツボツした状態になりますので、見た目が悪くなってしまいます。その他にも毛抜きでのムダ毛の処理は肌に大きな負担がかかりますので、場所によって目には見えない出血をする時があり、この出血がシミの原因となるケースがありますので注意が必要です。またその他にもムダ毛を抜いた跡がぶつぶつになってしまう事などがありますので、処理の痛みや肌のトラブルの軽減のために蒸しタオルなどで肌を蒸らして毛穴を開く、毛の生えている方向に沿って抜く、保湿クリームなどを使用して肌をケアしてあげることが必要となります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿