毛抜のメリットとデメリット

ムダ毛を自分で処理するとき毛抜きを使う人が多いですが、これはメリットがある反面デメリットもありますので、それらをきちんと把握してから使用することが大切です。
まずメリットとして挙げられるのは安く購入できる点と、いつでも気軽に毛を抜ける点です。
目立っている毛をすぐに処理したいというときや、時間が空いたので処理に充てたいというときなどに大変便利です。
また、毛根から毛が抜けることになりますので、カミソリに比べると抜いたあとから生えてくるまでの時間が長くなり、その間は毛のない状態でいられます。

しかし、これらに対しデメリットとして、痛みを伴う点や肌荒れが起こりやすい点などが挙げられます。
無理な力で抜きますから、どうしてもその分の力が必要になり激痛が起こりますし、皮膚が弱い場合はその刺激で出血する可能性もあります。
そして毛根から抜くせいで、その周辺の組織まで一緒に剥がれ落ちることとなり、ダメージが多くかかった肌は荒れやすくなるのです。
さらに毛穴が開いたままのためボツボツが目立ちやすくなり、体質によっては埋没毛が発生することになります。
最悪なケースでは、毛を抜いたときに負担がかかった影響で、色素沈着として残る可能性もありますので、使用する際はこういった点を十分に把握したうえで自己責任で使うようにしたいです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿