ニードル脱毛(電気脱毛)とは

今は脱毛といえば、光脱毛、レーザー脱毛などが主流となっており、毛を抜いたりする必要はなく、処理したい部位に照射を繰り返すことで、毛根からきれいにできるようになっています。時間もかからず、痛みが少ない施術を行うことができます。

そして、こうした脱毛方法が登場するまではニードル脱毛が主流でした。
これは、1本ずつ確実に処理していく方法で、永久脱毛の効果も高い方法です。毛穴に細い針を差込み、そこに電流や高周波を流して毛根を破壊していきます。
1本ずつ丁寧に処理することができる方法で、確実性がありますが、痛みも強く時間もかかる、費用が高くなりがちなどの理由で現在では広い範囲の脱毛ではあまり利用されなくなりました。

現在もこうした施術は行われており、ホクロやシミがある部位、タトゥーなどがある部位など光やレーザーの照射がふさわしくない部位にも安心して利用することができます。

さらに眉周りなどの細かい部分にも対応できますし、ひげを自然に薄くしたい場合などにも向いています。
レーザーや光脱毛で残ってしまった部位の処理にも向いていますし、ビキニラインやワキなどの部分脱毛に利用するなど、現在も様々な場面で役立てられています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿