VIOラインはどこからどこまで?

デリケートゾーンのムダ毛、つまりアンダーヘアの脱毛をエステやクリニックではVIO脱毛と呼びます。一般的には、いわゆるビキニラインがVライン、性器の周りがIライン、ヒップ奥、つまり肛門の周りがOラインとなっています。
ただ、Vラインに関してはどこまでなのか気になるという方が多いようです。体質によってはいわゆるギャランドゥのようにもっさりと生えている方もいれば、申し訳程度に生えている方もいるからです。範囲はどこまでなのでしょうか。
Vラインに関してはシェービングにあたってプレートのようなものを渡されるエステもあるようです。Vラインの部分にそのプレートをあてて、はみ出た部分のムダ毛を処理するというわけです。これなら一目瞭然で、非常にわかりやすいです。
IやOラインで気になるのが、どこまでできるのかでしょう。実は光を使った脱毛は粘膜の部分はできません。粘膜の部分は肌が弱いですし、色素沈着していることがあるので、肌トラブルが心配だからです。そもそも粘膜にあまりムダ毛は生えていないのでそれほどき気にすることはないはずですが、仮に粘膜に生えていた場合、残念ながらそもそも脱毛の対象外となるので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿