予防接種をしたら利用を控える

フラッシュ脱毛などをおこなうときに、予防接種をしたら脱毛を控えるようにしなければなりません。student01_l

 

インフルエンザや子宮頸がん・MRワクチンのワクチンを接種した場合や、ほかのワクチンを接種した場合なども脱毛を避ける必要があります。脱毛の予約をしている場合は必ず予約を変更してください。おおよそ14日ほど間隔が空いていれば脱毛することができます。

 

ワクチンを接種している場合は、無毒の病原菌を体の中にいれて抗体をつけているので、反応をおこしてしまい副作用を起こす可能性があるからです。お薬を服用した場合に施術を受けるとお薬の成分によって肌が敏感になっていることがあり、脱毛をおこなうときの特殊な光に反応してしまって、肌が赤くただれることがあるので注意が必要になります。日焼けをしたあとの脱毛も避けた方が良いです。

 

レーザー脱毛はメラニンに反応して毛根部分の組織を壊すのですが、日焼けをしてしまうと肌の表面にメラニン色素が多く存在するようになり過剰に反応してしまうことがあり、痛みや腫れを引き起こすことがあります。生理期間中も避けた方が良く、ホルモンの関係で肌が敏感になっていることがあるからです。このように脱毛を控えた方が良い場合があるので、注意しておく必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿